AMBASSDUR

  • タイアップアスリート~神野大地

神野⼤地

1993年9⽉13⽇、愛知県
マラソン/ プロアスリート(セルソース所属)

略歴
中京⼤中京⾼校(2012年卒)
⻘⼭学院⼤学総合⽂化政策学部(2016年卒)
コニカミノルタ株式会社(2016年4⽉⼊社)
コニカミノルタ株式会社(2018年4⽉退職)
主な戦績
2015年箱根駅伝5区区間新記録MVP受賞
2017年丸⻲国際ハーフマラソン1時間01分04秒
※当時⽇本歴代8位
2018年東京マラソン2時間10分18秒(⾃⼰ベスト)
2019年アジアマラソン選⼿権優勝

⼤学3年次の箱根駅伝5区で驚異的な区間新記録を樹⽴し、チームを初優勝に導いたことで注⽬を浴び「⼭の神」と称される。⼤学4年次には箱根駅伝2連覇を達成。実業団へ進んで以降は、当時ハーフマラソン
⽇本歴代8位のタイムを記録するなど平地でも強さを発揮。2018年4⽉末でコニカミノルタを退職し、プロアスリートとしての活動を開始。2019年にはアジア選⼿権マラソンにて優勝。箱根駅伝での活躍による⾼い知名度と⾜許の競技成績により、「CX ジャンクSPORTS」、「TBS オールスター感謝際」出演、「⽇本経済新聞」、雑誌「GQ JAPAN」への特集記事掲載他、各種メディアでの取り上げ多数。